日本ガンバレW杯の縦読みのツールは平安時代にあった

先日、6月2日のNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」の番組表の中で、「日本ガンバレW杯」の文字が、隠されたメッセージで埋め込まれていた、という記事をかきました。

ネットの掲示板などでもよく見られる「縦読み」という手法なんですが、なんと、この「縦読み」のルーツは平安時代にあった!ということがわかりました。

平安時代と言えば、今から1200年も前のことです。

このころから、日本人には、言葉を使った遊び心があったようです。

その平安時代がルーツの歌なのですが、伊勢物語に挿入された歌で、古今和歌集にも収録された在原業平の歌です。

唐衣きつつなれにし妻しあればはるばる来ぬる旅をしぞ思ふ

この歌は、在原業平が、三河の国の八橋というところまで旅したときに、川のほとりでカキツバタをみつけた時に詠んだ歌です。

意味は、唐衣を着なれるように、なれ親しんだ妻を都に残して、はるばるとここまでやってきたが、思えば遠くにきたものだ、といったようなものです。

この歌には、直接カキツバタという言葉は一言も入っていませんが、この歌をこのように並び替えてみますと、

カンバレ日本W杯

各行の先頭文字を右から左に続けて読みますと、「かきつは(ば)た」と詠めます。

この手法を、「折句(おりく)」と称します。

さらに、この歌には、枕詞、序詞、掛詞、縁語という数々の技法が織り込まれています。

これだけでも凄いと思うのですが、極めつけがもう一つあります。

今度は、上の歌の一番下の文字を、左から右に続けて読んでいくと「ふるばしも」と読めます。

これの意味するところは、「古橋」、「藻」で、まさに川のほとりの古橋や、藻を織り込んでいるのです。

いやあ、いつの間にかサッカーから平安時代の和歌の話になってしまいましたが、改めて日本語の奥深さと、古き歌人の才覚に感じ入ってしまいました。

そういえば、日本でのサッカーのルーツとも言える「蹴鞠(けまり)」も、平安貴族たちの遊びでしたね。

 

 

2014年6月13日 日本ガンバレW杯の縦読みのツールは平安時代にあった はコメントを受け付けていません。 サッカー